日誌

ブーちゃん日誌 4 成犬のしつけ ~トイレ編~

ブーちゃん

よく、成犬は躾(しつけ)が難しいと聞いていた。
ブーちゃんも正確な年齢は不明なものの、成犬であることに違いはなかった。
私も当初は不安を抱えていた。

結論から言うと、ブーちゃんはたまに失敗するものの、3ヶ月くらいでトイレを覚えてくれた。
犬の性格によるところも大きいとは思うが、失敗しても飼い主が根気よく教えることが大切だと思う。

ウチに来たばかりの頃は、トイレからチャールズの匂いがするのか、ちょっと離れたテレビの前あたりでしていた。
対策として、トイレの位置に大きめのトイレを2つ置いた。
チャールズの匂いもなるべくしないように、こまめに掃除もした。

次にテレビ前にシートを置いて、シートの上ですることを教えた。
シートの上でしてくれたら、その匂いのついたシートをトイレへ置き、トイレの場所を教えてあげる。

そんな作業を根気よく続けた。
すると徐々にではあるが、トイレでする回数が増えたのである。
ちゃんとトイレでできた時は、大げさなくらい褒めてあげた。
「ブーちゃん偉いね!ご褒美あげようね!!」とおやつもあげて。

テレビ前をトイレと思わないように、次第にテレビ前にシートを置くのもやめた。
たまにテレビ前でしてしまったけど、失敗しても怒らず、褒めもせず。
失敗しても怒らないのは、トイレの失敗で怒ると、「トイレをしたこと自体が悪いこと」と思ってしまい、我慢するようになってしまうと聞いたことがあるからだ。

上記のやり方は、子犬の頃から飼っているチャールズと一緒。
私はトレーナーでもないので、成犬ならではの訓練方法などは知らない。
ただ、チャールズの子犬時代と同じように根気よく教えて、成功したらいっぱい褒める。

あとは寝る時、チャールズはリビングに放し飼いだが、私たちが寝ている間にブーちゃんと喧嘩されたら困るので、ブーちゃんはゲージの中で就寝。
ゲージの中にはクッションとトイレを置いた。
※その他は水飲み用の器くらい。
朝、トイレを確認すると、トイレにした形跡があるので、夜は寝る所とトイレしかないゲージで過ごさせたことも、トイレを覚えるきっかけだと思う。
この点も子犬の頃のチャールズにしていたことと一緒だ。

同じように教えても、できない子はいると思うが、それは成犬に限ったことではなく、子犬だってそう。
成犬だから、躾はできない・難しいということはなく、犬の性格によるところと、飼い主の根気によるところが大きいのではないだろうか。

何はともあれ、ブーちゃんが少しずつウチに慣れて、少しずついろいろなことを覚えてくれるのがとても嬉しかった。

ブーちゃん

【Next Story 5】

【Previous Story 3】

 

ブーちゃん

ブーちゃん

投稿者の記事一覧

ブラックタンのチワワ(♀)
元保護犬のため、正確な生年月日と年齢は不明
チャールズ社長の妻で、ブーちゃん日誌の主人公
特徴:笑顔が得意で、ご飯大好き
家族記念日:2014年10月26日

関連記事

  1. ブーちゃん ブーちゃん日誌 5 決断の時
  2. ブーちゃん ブーちゃん日誌 6 はじめてのクリスマス
  3. ブーちゃん ブーちゃん日誌 1 出会い
  4. ブーちゃん ブーちゃん日誌 3 いつか見た光景
  5. ブーちゃん ブーちゃん日誌 2 お試し生活

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブーちゃん日誌 第1話

  1. ブーちゃん

New チャールズ社長

  1. 保健所の仕事

New ボランティア報告

  1. 東京アーク
  2. アルマ東京
  3. アーク東京

おすすめ記事

さくらねこ チャールズ社長 さくらねこ発見

僕、チャールズ社長はお散歩中に「さくらねこ」と出会ったよ。「さくらねこ」って知ってるかな??…

アルマ東京
  1. ブーちゃん
  2. チャールズ社長
  3. アーク東京
  4. 保健所の仕事
  5. アルマ東京
PAGE TOP